会議の前のアイスブレイク|参加者を和ませて有意義な会議にしよう!

アイスブレイクは「場の緊張を溶きほぐす」「場を和やかにする」などの意味があり、会議やミーティング、研修やセミナーの前などに使うと場が活性化し、成果が拡大します。

例えば会議の前に使うとどうでしょう?会議の場が和やかになり、参加者がリラックスして話しやすくなったり、活発な意見交換ができて会議が充実します。

会議の前にアイスブレイクを行なうと良い理由

会議の前にアイスブレイクを行なうと良いのは何故だと思いますか?

おっとその前に、会議の冒頭をちょっと思い浮かべて頂けますか?

あなたが思い浮かべた会議はどんな会議ですか?

参加されている方が緊張で重苦しい雰囲気になって居たり、司会の方に指名されるのを避けるために視線が合わないように皆が下を向いていたりしませんか?

そんな時こそアイスブレイクが役立つのです!!

会議が始まる前にアイスブレイクを取り入れて、参加者がリラックスして話しやすい「場」を作りましょう!

会議が沈滞化する理由

会議が沈滞化する理由のひとつには、日本人は「ちゃんと話さないといけない!」という観念に縛られている傾向があります。なので考えがまとまらなかったり、きちんと論理だてて話せないことにコンプレックスがあったりすると頭が真っ白になったりします。

ましてやいきなりあてられたりするとしどろもどろになったりして意見を上手く言えない人も多いようです。だから自ら手を挙げて発言する人はとても少ないと思います。

そこで役立つのがアイスブレイクなのです。

アイスブレイクが、何故役立つのか!?

例えばアイスブレイクのチェックインというものは、とっても簡単なことをお一人おひとりに話して頂くのですが、会議の内容と違ってとても簡単なこと、話しやすいことを題材にして話して頂くので、割とどなたでも話してくださいます。

人は人前で最初に声を発するときが一番緊張する傾向があり、アイスブレイクを通じて一度皆さんの前で声を出す、ということをやると少し緊張がとけるのです。すると2回目の発言の機会が訪れても1回目ほど緊張したりすることもなく、割とスムーズに話してくれるようになります。

ですので会議の前に行なうアイスブレイクはチェックインのように、一人ひとりが声を出して発言するような内容が適しています。

まとめ

以上会議のにアイスブレイクを行なうと何故良いのかについて書いて参りました。

会議の前にアイスブレイクを行なうと良い理由

会議が沈滞化する理由

アイスブレイクが、何故役立つのか!?

これらを参考に是非あなたが会議の進行をするときにはアイスブレイクを取り入れて頂ければと思います。

極和ファシリテーションのメルマガ 読者登録フォーム

極和ファシリテーション入門講座の動画をご覧になりたい方はメルマガ登録して頂く形になります。
ご登録された方には極和ファシリテーション入門講座の動画と教材・資料をプレゼント致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です