オンラインでの仕事を考えている方へ動画講座無料プレゼント中♪

インプットとアウトプット!その意味と役割と重要性を知って活かす!

インプットとアウトプットという言葉をよく耳にしますが、その意味と役割、また重要性について紐解き、日々の学びを最大限に生かす方法をお伝えしようと思います。

インプットもアウトプットも、量や質、バランスが大事です。それぞれのバランスをとりながら、インプットされたものを定着させるためにはアウトプットが必要になります。

インプットとは!?自分の中に取り入れること!!


インプットは自分の中に入れる・・・つまり何かを見たり、聞いたり、読んだりして、自分の中に知識や情報として取り入れることです。

その際、五感を使うとより記憶に残りやすいと言われています。何かを学ぶときには動きを入れるとか、香りを嗅ぐとか五感を同時に2つ、あるいは3つ使う事で強烈に記憶に残りやすくなります。

アウトプットとは!?自分の中から外に出すこと!!

アウトプットは、話す、書く、文章にするなどして、自分の中から外に出すことを言います。

何かを学んだ場合には、アウトプットすることで、知識の定着率があがります。学びが深まるという事です。何かを学んだあとは、誰かに話したり、ブログや日記などに書くことで、学んだ事の理解が深まったり、何がわかっていないかを知ることができます。

インプットとアウトプットをより有効に活用しよう!


何かをインプットする場合、アウトプットすることを前提にインプットすると、学びが深まり、知識の吸収力が向上します。

そして、アウトプットすることで、何を吸収し、何がわかっていないかがわかるので、不足を補う事がしやすくなります。また、アウトプットすることで知識がより定着します。

インプットとアウトプット!こんな経験ありませんか?


子どもの頃に教わったことを誰かに教えると、自分が覚える・・・と言った経験をしたことはありませんか?弟や妹が居て教える機会があるとか、家庭教師をして誰かに教える、それによって自分がそのことをより理解できたり、あやふやなところを確認したりできて、どんどん知識が深まり定着していく。

アウトプットの方法も自分で声に出して話すだけよりも、誰かに話す方がよりアウトプットの意味が高まりますし、相手と言葉を交わすことで、より強固に記憶されていきます。

また、しっかりメモをとったり、それを清書したりすることでより整理されて記憶しやすくなったりします。

まとめ|インプットとアウトプットの大切さ


何かを学ぶときはインプットするわけですが、その際はアウトプットすることを意識してインプットする。その際は体を動かしたり、香りを嗅いだり、五感をいくつか使った方がインプットしやすい。

インプットばかりしてアウトプットしないと、記憶が希薄になり、知識の定着が乏しくなる。

アウトプット(話す・書く)することで、知識の定着率は向上する。

また、アウトプットするときは、自分一人で行うよりも誰かに話したり、誰かに読んでもらうための文章を書くことで、より記憶に定着しやすくなる。

以上のことから、日々何かを学ぶときには、インプットとアウトプットをバランスよく行う事で知識の理解が深まり、定着率も向上しますので、このことを考えて学ぶことが大切です。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です