オンラインで話すお仕事をされる方のための話し方個人レッスン 申込受付中

コミュニケーションはキャッチボール!相手とやりとりしてますか?

コミュニケーションはキャッチボール

コミュニケーションはキャッチボール!言葉を投げたり、受け取ったりの双方向を意味しています。投げっぱなし、言いっぱなしはコミュニケーションではありません。言葉を投げたら、投げ返してくれるのを待ったり、返してくれないときはそれを促したり。また、投げられたら丁寧に返して、気持ちの良いコミュニケーションが取れるとイイですね。

コミュニケーションは何故キャッチボールと言われるの?

コミュニケーションとは一方的に話すのではなく、お互いの意思疎通のために行うものです。ということは、どちらかが一方的に話すだけならばコミュニケーションとは言いません。

言葉をボールに例えるならば、投げる人と受ける人が存在します。この場合投げる人は、受ける人に向かってボールを投げますよね?ボールを投げられたら、避けたり無視せずにしっかり受け取って、そのボールを投げ返すことで初めてコミュニケーションが成立します。

つまりキャッチボールが一人でできないように、コミュニケーションも相手が居て初めて成り立つものなのです。

言葉の投げっぱなしはNG!

コミュニケーションの場面で何かを言い放って居なくなったりするのはNGです。誰かにボールを投げたら、そのボールを返してもらって初めてコミュニケーションが成立するのですから、相手が投げ返してくれるのを待つ必要があります。

そして、その返球があとでも良い場合はその旨伝えるとか、いつまでにボールを返してね、というように返事を促すことも場合によっては必要です。

ボールの返球を受け取れる状態にしておく、あるいはいつなら受け取れるかを伝えると相手は返球しやすくなると思います。

受け取りっぱなしもNG!

言葉を投げかけられたのに反応しないのはNGです。まずはボールを受け取りました!ということを相手に示す必要がありますし、すぐに返せない場合はその旨を相手に伝えないと、相手をただ待たせてしまうことになりかねません。

案件によっては、いついつまでに返球しますね、などと相手に伝えておくと相手はただ待つことなく返球までの時間を有効に使うことができます。

大事なのは心地良いコミュニケーション

キャッチボールでイメージして頂くとわかりやすいと思うのですが、相手にボールを投げるときには(あなたに向かって投げていますよ!)という意味合いを込めてアイコンタクトをとってから投げるとか、相手の受け取りやすい位置に向かって投げることが大切です。

アイコンタクトなしで投げられたら、気付かずに体にぶつかってしまったり、どこか知らないところに行ってしまうかも知れません。

また、アイコンタクトが取れていたとしてもあまりにも剛速球のボールだと避けてしまうかも知れませんし、受け取ろうと思っても受け取れないかも知れません。

ということは、相手が受け取りやすいボールのスピードやボールの大きさを考えて投げた方が良いということです。

また、相手がちゃんと受け取れたかどうかまで目配りしておくことも大切ですよね?目を離してしまうと受け取れたのか受け取れてないのか確認のしようがありません。万が一目を離してしまった場合には、受け取れたかどうか確認をした方が良いですね。

コミュニケーションの基本は挨拶から♪

近年コミュニケーションに対する苦手意識を持つ人が増えているようですが、基本は挨拶です。元気な明るい声で「おはようございます」とか「お疲れさまでした」と声を掛けられたら、こちらの気分も良くなるというものです。

まずは笑顔になって、笑顔の時に出る声(=笑声)で気持ちの良い挨拶をしましょう♪

中には挨拶をしても返してくれない人がいるようです。しかし、その方は挨拶の習慣がなかっただけで、こちらが気持ちの良い挨拶をし続けると、いずれ相手も挨拶を返してくれるようになります。

なので、相手の反応は気にせずにまずは自分から気持ちの良い挨拶を心がけましょう!
その先にあるのは気持ちの良いコミュニケーションです。

まとめ

今日は「コミュニケーションはキャッチボール」という極当たり前のことを書かせて頂きました。当たり前だけど、実は意外とできていない人も居るかも知れません。あらためて、ご自身のコミュニケーションの取り方を振り返って頂けたらと思います。

  • コミュニケーションは何故キャッチボールと言われるの?
  • 言葉の投げっぱなしはNG!
  • 受け取りっぱなしもNG!
  • 大事なのは心地良いコミュニケーション
  • コミュニケーションの基本は挨拶から♪

心地良いコミュニケーションは、円滑な人間関係を作り上げるためには必要不可欠です。

極和ファシリテーションは簡単に言うと「プラスを引き出すコミュニケーション♪」とお伝えしています。コミュニケーションを取る際に相手のプラス(笑顔や、やる気、嬉しさ、楽しさなどプラスの感情やその方のやる気や意欲などプラスの中にはいろいろなものが含まれます。)を引き出せたら、お互いに引き出し合えたら素敵だと思いませんか?

コミュニケーション力を磨いていって、ぜひより素敵な人間関係を築いていきましょう♪

極和ファシリテーション入門講座

コミュニケーションの達人になろう!

コミュニケーションの達人になるための簡単10のポイント!

コミュニケーションに苦手意識のある方へ

コミュニケーションに苦手意識ある方!お薦め「楽しくなるコツ」

こちらの記事もお薦め♪
コミュニケーションの基本はキャッチボール「基本は1.5or2往復」

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です